【旅/箱根芦ノ湖】ブッフェが美味。湖畔のハイセンスな温泉旅館「はなをり」は何とも素敵なお宿!

バックパックを担いでいた時代をあわせ、数百の宿泊施設を利用してきた私。
久々にとても素敵旅館に宿泊しました。

このお値段でこのサービスは今までにない程に感動的です!

それは下田からの帰り道、箱根芦ノ湖で1泊した旅館「はなをり」。
旅館を予約した妻からは「新しい旅館で、ブッフェが美味しいって評判のお宿だよ」とは聞いていたのですが、食事以外にもこだわりが溢れる素敵なところ満載のお宿でした。

1歳と5歳の娘、妻も私も我が家はみんなが大満足。
子連れ、カッップル、旅慣れたご年配、はたまた海外からの旅行者もきっと満足できるハイセンスなお宿ですよ。

今回はそんな芦ノ湖畔で宿泊した旅館「はなをり」を紹介します。

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

旅館「はなをり」

箱根・芦ノ湖 「はなをり」
https://hanaori.jp/ashinoko/


お宿は2017年に出来たばかりのとても新しい旅館です。
2018年8月1日で1周年のアニバーサリーを迎えました。
そして新しい旅館ということもあり、各所に洗練された「おもてなし」の心遣いを感じました。

場所は箱根芦ノ湖北側に位置する湖畔にあります。
近くにはポーラ美術館やゴルフ場をはじめ多くの観光スポットがあり、箱根・芦ノ湖観光の拠点としても活躍できそうです。
またロープウェーや海賊船の乗り場にも近く、車を置いてのんびり箱根散策にもちょうど良い立地です。

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

エントランスの扉が開くと暖かな木のぬくもりを感じるロビー&ラウンジが現れました。
その先には芦ノ湖と箱根の森が広がります。

湖畔側に視界が開け広々と感じるロビー&ラウンジは、モダンでシンプルなインテリアを適度に配した自然に溶け込む心地よい空間でした。
この日はあいにくの曇り空でしたが、晴れた日にはさらに違った風景を見せてくれそうですね。

あぁ、やっぱり新しい旅館はいいですね。

食事・ブッフェダイニング「季しかり」

「季しかり」の由来

【季(とき)】には季節感あふれる旬にこだわり、

四季移ろう芦ノ湖の景観をお愉しみいただけるという、

「とき」にこだわったダイニングであることを、

【しかり】には自然の「然」と味への「然り(その通り)」を

お感じいただきたいという想いを込めました。

参照:はなをりホームページ

インスタ映えしそうなカワイイ前菜小鉢

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

前菜は小鉢に乗った旬の味覚料理。
好きなものを選んで小籠にとります。
小鉢や料理の彩もきれいで、見た目も可愛く気持ちもほっこりしてしまいます。

「あ、これ美味しい!」けどまだ他にも美味しそうな料理が…。
でも大丈夫。見た目も綺麗でかわいい小鉢に少量ずつ料理が乗っているので、いろんな料理が楽しめます。

季節の味覚。ブッフェはどれをとっても美味しい

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

和食、フレンチの料理人やパティシエが四季折々の華やかな食材を提供してくれる「はなをり」のブッフェ。「唐揚げにフライドポテト、どーん!量で勝負!」的なブッフェとは違い、どれを食べても一つ一つ美味しく豊かな気持ちにさせてくれます。

前菜の小鉢をいただいた後は和食、洋食の様々なおいしい料理がまっています。

お酒の種類も豊富!

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

お酒は日本酒から焼酎、ウイスキー、ワインまで、料理に合わせてバラエティー豊富なお酒が選べます。もちろんソフトドリンクの種類も豊富ですよ。

日本酒は地元神奈川の蔵元から各地の銘酒まで。

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

「地元の食材に地元のお酒」ということで、私は「箱根山純米大吟醸“吟の舞”」を選択。
お盆に乗せる料理もついつい酒の肴よりに偏ってしまいます。

部屋

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

夫婦、子供2人(1歳・5歳)の4人で利用しました。
確か一番安いグレードの部屋を楽天トラベルのスーパーセール期間に出ていたお得なプランで予約したと思います。

私たちの泊まった部屋は湖畔側和洋室。
露天風呂が付いたグレードの高い部屋もありますが、私たちの部屋は室内シャワーだけのタイプ。

室内には1100mmのワイドシングルベットが2つ。子供がいると伝えてあったので転落防止の柵を付けてもらえていました。
テレビ前のスペースには座ってくつろげる畳マットが敷いてあり、ちゃぶ台と背もたれクッションがバランスのとれた風合いで備え付けられています。
部屋の広さは値段なりといったところでしょうか。
特に狭いと感じることもなく心地よい空間。
開放的なテラスがあるので、かなりゆとりのある空間のように感じます。

大きな窓を開け外に出るとテーブルと椅子が置いてあるテラスがあります。
湖畔を眺めながら箱根の森の音に身をゆだねることができます。


夕食前にお風呂に行った妻と長女。移動の疲れからお休みに入った次女。
そして自販機で買ってきた缶ビールをテラスでプシュ〜っと開けたおとうさんは、
「あ〜心地よい」とチルアウト。

子供用アメニティーも充実

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

浴衣のサイズも豊富で、大人用はSSサイズからLLまで5サイズ。
子供用は適応身長85cmから3サイズの用意があるのは嬉しいですね。

かわいい歯ブラシ・スリッパ・ハンドタオルの入ったキッズセットも用意されていました。

ダメ人間になりそうなほど心地よいクッション

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

畳マットにあった背もたれクッションに座ってみたところ、かなりフィットするのです。一般的なビーズクッションよりも固めでコシのある感じなのですが、これくらいの硬さが程よく感じます。

ちょっと変わった三角錐状のような形をしているのですが、クッションに凭れてみると背中から頭までしっかりとフィットし、クッション自体の程よい硬さが体を支えてくれるので重みが見事に分散している感じ。

きもちいい〜…ZZZ

お風呂

目の前に広がる芦ノ湖と箱根の森を眺めながらボーっと…

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

雄大な箱根の眺望を楽しめる大浴場。
深呼吸をすれば森の泉にでも使っている様な気分になります。

2種類の大浴場があり、もう片方は季節ごとに違う風景を楽しめる庭園のある大浴場。

日替わりで男女の湯が変わるので翌朝にはまた違った温泉を楽しめます。

女性に嬉しい充実のアメニティー

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

お風呂やパウダールーム、各所に用意されているアメニティーがとても充実しています。
DHCのアメニティーやナノスチーマーなど女性に嬉しい心遣い。

アメニティー類はDHCとオリジナルで作っているようで、シャンプーから化粧水まで市販にはない素敵ものが揃っていました。

敏感肌の妻も納得。娘もオリジナルの柑橘系の良い香りのするボディーソープをとても気に入っていました。香りも主張しすぎない自然な感じで気持ちが落ち着きます。

さっぱり落ち着いた気持ちで湯船に浸かればもう箱根の森の一部になった気分に。

ぶくぶくぶく…。

まとめ

最近できた新しい旅館箱根芦ノ湖はなをりに宿泊してみた

古いものが悪いわけではありませんが、新しいのっていうのも良いですね。

ただ、新しいだけではなくこだわりを持って一新している。
利用者が何を期待しているのか今時のニーズを把握して、そこに合わせたサービス。そしてそのサービスの一つ一つを洗練してより満足する形を追求している。
これってとても心地よいサービスだと思うのです。
今回宿泊した「はなをり」はまさにそんな旅館でした。

昔ながらの旅館のように、女将さんが出迎えて食事や部屋のお世話をしてくれる伝統的な接客を期待しているお客さん。
方や、できればセルフに。サービスの提供側とは少し距離をおいてプライベートを満喫したいというお客さん。

どのようなサービスを期待するのかは様々です。
我が家はどちらかというと気軽にお構いなくなセルフ型。

歳を重ねて接待に慣れ、期待をするようになれば前者のようの昔ながらの旅館型スタイルに満足するのかもしれませんが、近頃は後者のように自由度の高いセルフ型の旅行スタイルの方が好まれる傾向があるようにも感じます。また、近年増えてきている外国人の旅行者にとっても敷居の低いこういった旅館の方が、気軽に日本の文化を体験できるため意外と過ごしやすいのでないかとも感じました。
実際に夕食ブッフェでは様々な言語が飛び交っていて、周りを見渡すと半数以上は外国人旅行者でした。

とにかく久しぶりにこの上なく満足な宿泊でした。
芦ノ湖を訪れる際にはかなりオススメですよ。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク