【千葉のB級グルメ】としまや弁当のチャーシュー弁当がボリューム満点の大満足

千葉のソウルフード「チャー弁」こと、としまや弁当のチャーシュー弁当をしっていますか?

先日見たテレビ番組「ケンミンショー」で紹介されていたのですが、同じ千葉県民の私はこのお弁当の存在を知らなかったのです。

『としまや弁当』は内房を中心にチェーン展開するお弁当屋さん。
じつは私が住む地域では店舗がなかったため今まで見聞き口にすることはなかったのですが、先日鋸山登山の道すがらその店舗を見つけ、ついに立ち寄ってみたのです。

ボリュームもチャーシュー感も満点でお腹いっぱいです!

としまや弁当のチャーシュー弁当_登山【千葉ご当地】

としまや弁当とは?

としまや弁当のチャーシュー弁当【千葉ご当地】

「としまや弁当」は、千葉県内房地域をメインにチェーン展開するお弁当屋さん。
店舗販売のほか、仕出し弁当や宅配弁当なども請け負っており、内房地域では昔から親しまれてきたお弁当屋さんといったイメージのようです。

同じ千葉でも私が暮らす地域には「としまや弁当」はありませんでしたので、今回が初としまや。ドキドキですね。

赤い屋根に緑のカバのマークを見つけ、いざ入店。

ずらり。メニューも豊富!

としまや弁当のチャーシュー弁当_種類【千葉ご当地】

店内はお弁当や惣菜のほか、カップラーメンやドリンク類、タバコなども取り揃えられており、お弁当屋さんというよりも地域のコンビニ的な店構え。

てっきりチャー弁一択かと思っていたのですが、カウンターの壁にはずらりと写真付きのお弁当メニュー。お弁当はだいたい500円台〜700円台くらいと手頃な価格です。

中でも人気のお弁当メニューは「チャー弁」の呼び名で親しまれている「チャーシュー弁当」。「分厚くて大きなチャーシューが、ドドンと乗っかっただけ!」とシンプルな見た目ではあるものの、味も食べ応えも大満足のお弁当です。
そういうわけで私も妻も注文したのは、王道のチャー弁。

店内には調理場が併設されており、注文後にお弁当を作ってくれるので出来立てホカホカをいただくことができます。急いでいる方は、カウンターに作り置いてあるお弁当もありますのでご安心を。

お、肉じゃが!惣菜もある

としまや弁当のチャーシュー弁当_お惣菜【千葉ご当地】

品数は少なくなっていましたが、惣菜もありました。

としまや弁当のチャーシュー弁当_おにぎり【千葉ご当地】

おにぎりも各味。
こちらにもチャーシュー!おにぎりっていうのもありですね。

チャーシュー弁当いただきます!

としまや弁当のチャーシュー弁当_鋸山【千葉ご当地】

この日は鋸山ハイキング。
大仏さまの隣にある休憩所でお昼をいただきます。
休憩所はテーブルとベンチが付いたタイプ。
大仏さま周辺に7個程あり、お弁当を広げくつろぐことができます。
私たちが座ったベンチの上には藤の枝が生い茂っていたので程よい日除けにもなりました。
藤の花が咲く頃にやってきたら気持ち良さそうですね。

たくさん階段を登ったのでお腹もペコペコです。
トンビの襲撃に気を付けつつ、さっそく頂きます!

としまや弁当のチャーシュー弁当_登山【千葉ご当地】

チャー弁には厚切りのチャーシューが6つ、白米の上に大胆な感じで乗っています。
白米は千葉県産のコシヒカリ。

としまや弁当のチャーシュー弁当_おみやげ【千葉ご当地】

この分厚さ、食べ応え満点です。
チャーシューも味がしっかり染み込んでいて美味。
さらに白米は千葉県産のコシヒカリ。

この上ない組み合わせで、チャーシューからの白米そしてまたチャーシュー…無限ループが可能です。

白米は結構な大盛りだったのですが、気がつくとペロリ。
ただ、お腹はかなり膨れました。

女性にはちょっとこの量は多いかもしれませんね。
妻も途中でギブアップ。チャーシューを2枚分けていただきました。

まとめ

テレビの番組で特集されていて気になっていた「としまや弁当」。
王道のチャー弁も期待していた通り、チャーシュー感満点のお弁当で大満足。

ちなみに後日他店舗でも同メニューをいただきましたが、チャーシューの柔らかさに違いを感じました。

ハイキング時は購入後数時間持ち運んだ後にそのままいただきましたが、チャーシューは乗せたてホカホカをいただくとさらに柔らかくて美味でした。
自宅でいただく場合はレンチンして温めるとまた美味しいですよ。

【内房/ビーチコーミング】静かな波音を聞きながら、シーグラス集め。
妻と二人、内房の静かな浜辺にやってきました。 今日はビーチコーミングを楽しみま...
広告