【釣り/勝浦・鴨川】8月・夏の外房で涼しく夜釣り。のはずが、どこもかしこも伊勢海老漁の網ばかり…

8月の中旬。
夏の日差しを避けて、夜釣りにでかけてきました。
短夜の海に浮かぶウキの明かりを眺めての釣りは何とも心地よく、あっという間に朝を迎えました。

今回は勝浦・鴨川方面の港や堤防でアジやイサキでも釣れたらよいなぁと思っていたのですが、海にはエビ漁の網を知らせるブイがぷかぷか。結果的に今月から禁漁開けとなった伊勢海老漁に振り回される釣りとなりました。

勝浦_鴨川_アジカマス堤防釣り

日程

2019年8月19日(月)中潮

22:00 勝浦
09:00 釣り終了

夜釣りでもフグの猛攻

勝浦_鴨川_アジカマス堤防釣り

先行していたアジンガーに話を伺うと、夜だというのにフグばかりだそうです。
街灯下をのぞいてみると確かにゆっくりと漂う無数の魚の姿が…いらっしゃいます。

これは厳しい状況と判断し、南下してきることに。

堤防テトラの側には伊勢海老の刺し網が…

勝浦_鴨川_アジカマス堤防釣り

それではということで、鴨川の堤防へやってきました。

今日は波も静かで何とも良い感じ。
ただ風もないので、少しばかり蒸し暑い…。
それでものんびり安全に釣りができると思えば良しです。

釣り場に着き早速ケミホタルのついたカゴ仕掛けを飛ばします。

暑さのせいで肌がじんわりと湿り始めたのかと思ったのですが、
気がつくと辺りの視界がぼんやり…霧がでてきました。
沖のウキの光もほわんとして何とも幻想的な眺めです。

いつでもそうですが、夜釣りって時間が経つのが早い。
それだけ気持ちの良い時間を過ごしているのでしょうね。

気がつくと釣り場に来て1時間ほど経過していました。
その間にアタリは1度だけありました。

大きくウキが沈み合わせると、確かな引き。
少し大きめのアジかイサキの様な魚がテトラ側までやって来ましたがポトリ。
痛恨のバラしでした。

このタイミングで沖にヘッドライトを当てると白いブイがポツリ。
隣をみるとまたポツリ…ポツリ…。

目を凝らしてよく見渡すとテトラに沿って無数のブイが並んでいます。
おそらく伊勢海老漁の刺し網だと思われます。これだけ沢山仕掛けてあると、ちょっと魚も寄り付かないのかな…とまたも場所を変更することに。

夜明け前に近場の別の堤防へ移動します。
到着後にどれどれと海面をみると、少し先の方に白っぽいブイがプカリ。
やはりここにもありました。

しかしブイは岸壁沿いポツポツ。どうやらエビの住む岸に沿わせて網が張ってあるようです。釣りの仕掛けはどうやら投げられそうなので一安心。

しばらくすると辺りが明るくなって来ました。
ウキの姿も目視できるくらいになった頃、ウキが沈みぽわーんと水面が明るく染まりました。

はじめに上がったのは小さなアジ。

ただその後はアタリが続かず、釣れないなぁと思っていると、港の中から漁船が出航して行きました。どやら船は先ほどのブイを回収しているようす。

勝浦_鴨川_アジカマス堤防釣り

ブイの回収もひと段落して日が昇り辺りが明るくなりはじめた頃、グロー系のジグを投げていたところカマスがヒット。

勝浦_鴨川_アジカマス堤防釣り

その後もしばらく粘りますが、アタリはこの1匹で最後。
周りではキスがよく釣れているようでした。

本日の仕掛け

本日の釣果

勝浦_鴨川_アジカマス堤防釣り

  • アジ…2匹
  • カマス…1匹

まとめ

夏はやっぱり夜釣りがいいですね。

ジメッとした空気の中、ウキの明かりを見つめるのも良いものです。

ただこの時期の鴨川や勝浦周辺は、6月7月の禁漁明けで伊勢海老漁の真っ盛りなのか漁の網が多くどうも釣り人には厳しい状況。無理に釣りの仕掛けを投げて網に絡ませてしまっても大変なので、場所と時期を選んで釣りをせねばなりませんね。

広告