【釣り/南房総】10月・南房千倉で波風をしのいでヌクヌクと夜釣り。

久々に足を運んで南房までやってきました。

地磯での釣りを予定していたのですが、あいにくの天気で波や風が強く磯での釣りは危険なレベルのため断念。今回は風を避けられる漁港での釣りになりました。

釣果はイマイチですが、それでものんびりまったりと雰囲気を楽しめたことは間違いなしです。

磯釣りのつもりが、やってきたのは南房の小漁港

夜釣り/白間津港/カゴ釣り堤防

南房での地磯釣りを楽しみにやってきましたが当日はあいにくな天気。
現地に着いたところ波しぶきがバシャーン!風がバビューン!
釣りをしなさるなとのお告げと受け止め、早々にその場を離れることにしました。

近場にどこか穏やかな釣り場ないかと、やってきたのが千倉にある漁港。
近隣にある乙浜漁港などと比べ小ぢんまりとして釣果情報なども目にすることは希なレア港ですが、静かさといい灯しといい雰囲気は最高な港。
また奥まった地形のため、波や風の影響が少なく、こんな悪天候の日にもゆっくり釣りができるのは有難い。魚影は未知数ですが、本日はここで朝まで釣りをさせてもらうことにします。

今夜はまったり雰囲気を味わいたい

【夜釣り/道具】コマセと餌カゴ/ライト

久しぶりの釣行。

磯釣りのつもりで装備も気持ちもだいぶ準備してやってきましたが空振り。
天気ですから仕方がないと見切りをつけて、ひとりぼっちの夜を楽しむことにします。

本日の仕掛けはカゴ釣り。
アジ用のコマセは、アミエビに集魚剤はアジパワーとメガブルーSPを混ぜたものと付け餌はオキアミ。私用にヨナヨナです。


クーラー受三郎/堤防夜釣り/3号磯竿でも大丈夫

クーラーボックスに腰をかけたら、仕掛けを投入。
あとは先日購入したばかりのクーラー受三郎に磯竿をセットして気長にアタリを待つのみ!

今夜の来客はこちら

夜釣り/白間津港/カゴ釣り堤防

今夜はなかなかアタリがありませんでした。

人恋しくなってきた深夜、誰でもいいから来てくれないものかと思っていたところウキが沈みました。

ズン♪ ズン ズン♪

コレコレ、このアタリ。
寂しい時にやって来てくれる、クサフグちゃん。

夜が明けてきましたが、アタリが無い

夜釣り/白間津港/カゴ釣り堤防

辺りが明るくなってきました。
アタリはありません。
雰囲気は抜群です。

白間津港/カゴ釣り

外海側は相変わらず波が高いようです。

ぼちぼちと帰り支度をしていたところ久々にウキが沈みました。
ズズン♪ズズン ズズン♪。
今度はフグとは違う小刻みなアタリ。

白間津港/カゴ釣り

おっと、ダブルヒット!

白間津港/カゴ釣り

しかし、やはりフグ。

ダブルだったからズズンときたのですね。

それにしてもこのフグ、フィッシュグリップで掴んでも全く膨れません。
何か元気が無い様子。

水汲みバケツに手を入れた時に気がつきましたが、海水温がかなり低いようです。
1ヶ月前の釣行時と比べると雲泥の差。それにしても急激に海水温が低下したような気がします。おかげで魚たちの活性も変わっているのかもしれませんね。

帰り際、南房の磯をチラ見

【釣り/アジ】カゴ釣り/南房の磯

明るくなってからもう一度地磯を見に行ってみました。

ザブーン!バシャーン!バビューン!

やはり危険を感じるほどの荒れ様といいうことで早々にその場を離れましたが、お隣に朝から入っていたというアングラーがちょうどイナダを釣り上げているところでした。
ナブラが湧いていたとのことで魚自体は海にいる様でしたが、30gのメタルジグでは波風に流されるだけで私にはなす術もなく撤退いたしました。

ちなみに沖合2〜300mほどを鳥たちが低く飛び交っていました。
イワシの群れでもいたのかな?

まとめ

【浜辺の花】ハマゴウ/ハーブ千葉県千倉の磯浜

完全空振りの南房釣行でしたが、意外と満足はしていますよ。
まったりと過ごす夜釣りは好きなので。

それから、地磯で釣りはできませんでしたが、かわりに可愛い花を見つけました。
これハマゴウと言って日本から東南アジアまで一帯に自生する植物なのだそうです。
中国では「蔓莉子(まんけいし)」という漢方として滋養強壮や解熱消炎に使われていたり、葉っぱがいい匂いがすることから入浴剤としても利用でき神経痛や冷え性改善、リラックス効果などが期待できるみたいです。

【浜辺の花】ハマゴウ/ハーブ千葉県千倉の磯浜

魚ばかりに目を向けていたら気がつかなかったかもしれないので、今日はこんな余裕があったのでそれはそれで楽しかったですね。魚の代わりに野草を土産に持って帰ります。

広告