【釣り/アイテム】ウキが沈む!Daiwaジェット天秤とウキの号数組み合わせについて

Daiwaから発売されている遠投カゴ「ジェットカゴ遠投SS 天秤用」。

早速購入したものを釣り場で遠投してみると、ジワジワっと沈んでいくではありませんか…。
あれ?ウキの号数は合っているはずなのになぁ?

じつは釣具の号数は各メーカー毎に任意に付けられた表示のため、メーカーが違うと適合しないこともあるみたいなのです。

今回は私が購入したDaiwaの遠投カゴ「ジェットカゴ遠投SS(天秤用)」に釣り合うウキを探してみました。

Daiwa(ダイワ)ジェットカゴ遠投天秤用の号数と重さ組み合わせ

Daiwaジェットカゴ遠投SS 天秤用

Daiwaジェットカゴ遠投天秤用の号数と重さ

私が購入したのは2019年にDaiwaから改良発売された「Daiwaジェットカゴ遠投SS(天秤用)」というアイテム。魚の色覚を考慮し赤色に一新したモデルです。

さし餌がカゴ内にしまえるので遠投時の餌外れ防止にもなるし、狙いの棚まで餌取りに取られずに沈める事も可能。さらに、さし餌をカゴにしまうことでハリスの長さが半分になるためキャストもし易くなるということで、結構気に入っています。

狙いの棚でカゴが開き、ドバァ〜っと餌が出る仕組みは、なんとも理にかなったカゴ仕掛けな訳ですが、一つ問題が。

カゴとウキ、同じ号数のものをチョイスしたのですが、ウキが沈むのです…。
棚に到着しウキが立ったと思ったら、ジワジワ…っと沈んでいきます。

はて、どうしたものでしょう?

けっこう重い。本体の重さ67g。

Daiwaジェットカゴ遠投天秤用の号数と重さ

実際に購入したジェットカゴ6号の重量を計ると67g
すごく重いです。

オモリの1号=3.75gですから、17号に相当する重さ
それは沈みますよね…。

プラスチックの部材が多い分浮力が発生し水中では重さは軽減されるのでしょうが、それでも同じ6号ウキでは太刀打ちできるとは思えません。

Daiwaのカゴ号数はオモリ号数と合致するものではないようで、今回購入したジェットカゴの号数と私が持っていたウキの号数は見当違いの組み合わせだったようです。

検証

8号(安いウキ)

なんとか頭が出ている感じ。
波やうねりが来たら沈んでしまいアタリがとりずらそう。

Daiwa(ダイワ)ジェットカゴ遠投天秤用の号数と重さ組み合わせ

8号(発泡ウキ)

Daiwa(ダイワ)ジェットカゴ遠投天秤用の号数と重さ組み合わせ

先ほどの安いウキよりは安定性があります。海が穏やかな時ならば小さなアタリもとりやすそうですが、うねっていたら沈みそうな感じ。

10号(発泡ウキ)

Daiwa(ダイワ)ジェットカゴ遠投天秤用の号数と重さ組み合わせ

安定。
多少うねっていても深くは沈まなそうです。

12号(釣研 遠投カゴサビキ)

Daiwa(ダイワ)ジェットカゴ遠投天秤用の号数と重さ組み合わせ

全然沈まない。
むしろ小魚レベルではアタリが出なそう。

15号(安いウキ)

Daiwa(ダイワ)ジェットカゴ遠投天秤用の号数と重さ組み合わせ

ビクともしません。

私の組み合わせ

Daiwa(ダイワ)ジェットカゴ遠投天秤用の号数と重さ組み合わせ

ウキが沈むという事で手持ちのウキの号数を上げてみました。
発泡ウキ6号→10号へ変更です。

Daiwaジェットカゴ遠投6号(天秤用)+発泡ウキ10号
この組み合わせで沈まずに釣り合う浮力を得ることができました。

ちなみに発泡ウキ8号でも浮きましたが、ウネリがあると見えにくそうな感じでした。静かな海ならば8号(発泡ウキ)が良さげ。

まとめ

Daiwa(ダイワ)ジェットカゴ遠投天秤用の号数と重さ組み合わせ

何事もコンパクトに済ませたい性分、仕掛けも軽いものを選んでいるのですがまさかカゴがこんなに重たかったとは。

ウキもDaiwa製の同じメーカーのものを選べば良いのでしょうが、手持ちの道具も大事に使いたいですし。
取り急ぎ、良い組み合わせが見つかって一安心です、ほっ。



広告







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告