【緑肥/ヘアリーベッチ】極寒期に入り、成長は一時停止しました。

新年を迎え極寒期に入ったところでヘアリーベッチの成長が一時停止しました。

ここまでは予定通りです。

真冬のヘアリーベッチ1月

ヘアリーベッチの成長(1月)

2019年1月4日 大潮

真冬のヘアリーベッチ1月

10月に蒔いたヘアリーベッチ(雪印種苗の「藤えもん 1kg」)。

1月、ある程度茂ったところで、成長が一時停止しました。

真冬のヘアリーベッチ1月

モサモサと茂り土の上に覆いかぶさってくれています。

一般的な畑では土中の病害虫や雑草の根を殺すために、天地返しと言って土を掘り起こし極寒の外気に晒すだそうです。

私の場合、真冬の天地返しとは正反対のことをやっていることになりますね。
モサモサのヘアリーベッチの布団に覆われて、ぬくぬく暖かい土。
さぞ土中生物にとっては心地が良いことでしょう。

でもいいのです。
自然環境で地面は落ち葉や枯れ草に覆われるものですし、何より天地返しをするなんて面倒ですから。

真冬のヘアリーベッチ1月

ちなみに、播種時期が少し遅くなった区画はこの様な感じ。
地面がだいぶ露出していますね。

真冬のヘアリーベッチ1月

寒くなる前に成長しきれていませんでした。
来年はもう少し早く播種をしたいと思います。

極寒期に入りしばらくの間は成長が止まりますが、春を迎え気温が上昇するにつて成長を再開するそうです。

ぐんぐん広がって雑草を抑制してくれることを期待しています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村


自然農法ランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク