【手作り発酵食品】夏・2週間仕込んだカボスの酵素シロップを濾過してみました!

実家の庭でカボスが実を着け始めました。

早速フレッシュな青いカボスを収穫しカボスのシロップを作ってみたいと思います。

昨年の秋には熟した黄色いカボスを使ってシロップを仕込んだのですが、
果たして出来に違いはあるのでしょうか?

【手作り発酵食品】3週間仕込んだカボスの酵素シロップを濾過してみました!

フレッシュカボスシロップの作り方

仕込み

フレッシュカボスシロップの作り方

8月頃になると実家のカボスの木に実が着き始めます。
例年に比べ今年は少なめなようですが、それでも家庭で消費するには十分な量です。
早速収穫します。

フレッシュカボスシロップの作り方

どんぶり1杯くらいのカボスを収穫しました。
お次はシロップの仕込みに入ります。

フレッシュカボスシロップの作り方

カボスと同量程度の氷砂糖をミルフィーユ状に敷き詰めていきます。
今回カボスは800gだったので同量の氷砂糖を敷く予定でしたが勢い余り一袋(1kg)全て投入してしまいました。

フレッシュカボスシロップの作り方

仕込み後は、1日1回瓶の蓋を開け空気が入るように素手でよく撹拌します。

ろ過

フレッシュカボスシロップの作り方

やはり仕込み時に氷砂糖を入れすぎたようです。
下に溜まった氷砂糖が一向に溶ける様子がないので、2週間後ろ過をすることにしました。

フレッシュカボスシロップの作り方

あんなに鮮やかだったカボスの皮は何とも鈍い色に変色しています。
ちょとイメージと違うような気もしますが、とりあえずろ過していただいてみましょう。

フレッシュカボスシロップの作り方

容器のストックがなかったので今回はペットボトルに保存。
ろ過後は冷蔵庫などで保存すると長持ちします。

まとめ

フレッシュカボスシロップの作り方

出来上がったシロップは焼酎やカルピス、炭酸水などで割って美味しくいただいています。
飲み物のほかヨーグルトなどにシロップとして乗せたりもできます。

シロップの風味はというと、
イメージしていたほどのフレッシュなカボスの爽快感はありませんでしたが、しっかり柑橘系の香りのする美味しいシロップに仕上がっていました。フレッシュさというよりは完熟した柑橘の香りとでもいうのでしょうか。

これはこれで美味しいシロップですが、次回はもう少し短期間でろ過をしたものと比較してみたいと考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク