【手作り発酵食品】3週間仕込んだカボスの酵素シロップを濾過してみました!

熟したカボスを砂糖と一緒に漬けてみました。

仕込みから3週間が経過したので、そろそろ濾過してみたいと思います。

はたして飲めるのでしょうか?

カボスの酵素シロップ

前回の仕込みの様子はこちらの記事をご覧ください↓

【手作り発酵食品】熟したカボスで酵素シロップを仕込んでみました。

濾過

カボスの酵素シロップ

2018年3月19日

仕込みから3週間が経ち、そろそろ濾過をしたいと思います。

カボスの酵素シロップ

砂糖はすっかりと溶け、一緒につけたカボスの果実からもしっかりエキスが滲み出た頃でしょう。

見た目は黒くなんとも怪しい感じ。
今回は奄美産の「素焚糖(すだきとう)」という砂糖を使用しています。
「素焚糖」はさとうきび原料を100%使用した砂糖で、上白糖やグラニュー糖、三温糖などとは精製方法が異なり、さとうきびのミネラル分を多く残した砂糖らしいです。
甘みも黒糖ほどはしつこくなく、すっきりとしているので色々な調理にも使えそうです。

大東製糖 [特集]  素焚糖の魅力

さて、早速濾過します。

カボスの酵素シロップ

ボウルとザルを用意し漬け込んだシロップをどばっとあけます。

カボスの酵素シロップ

カボスの酵素シロップ

カボスの酵素シロップ

濾されたシロップを漏斗を使い保存用の容器に移し入れます。

カボスの酵素シロップ

あとは冷蔵庫や涼しいところに保存し、できるだけ早めに使い切ります。

テイスト

飲めないことはなさそうです。
少し酸っぱい気がするのは、カボスのせいなのでしょうか?

砂糖の甘みがだいぶ幅を効かせていますが、柚子に似た甘酸っぱさと爽やかさがほんのきもと程度漂っています。

用途

シロップの用途は様々ですが、個人的には焼酎と炭酸水で割って果実ソーダ割りにするのが好きです。

●焼酎カボスサワー
焼酎1+カボスシロップ1+炭酸水4

そのほか、カルピスやヨーグルトに混ぜたりパンのジャムとして使ったり色々な場面で活躍してくれます。

まとめ

フレッシュなカボスで作ったことはないので比較はできませんが、
おそらく、フレッシュな方がより美味しいような気がします。
今回の完熟カボスシロップはなかなか癖のあるテイストでした。

今年の夏にフレッシュカボスを使って作るものと比較をしてみたいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク