【里芋】里芋の簡単な収穫方法を発見!

茎葉が枯れてすっかり採り時を迎えた里芋。
今日は調理に必要な分をササっと収穫します!

里芋の収穫

収穫

掘起こし

里芋の収穫

掘り起こしていきます。

畝がある程度山になっているので、
株の横を軽く掘っておけば、鍬を入れた際に簡単に掘り起こすことができます。

里芋の収穫

毎回収穫の際に思うのですが、
里芋の茎の付け根あたり、
ものすごくグチョグチョなんですよね。
ニュルッと感をもつ謎の液体。
茎を持ってよいしょっと持ち上げようものなら、
ヌルッ、スポッ。

全然持てない….。

いったいこのグチョグチョ素材は何?
皆さんどうしているのでしょうか?
どうやら収穫前に茎葉を落としているみたいなので、
すでに枯れて乾燥してしまっているのでしょうか?

疑問を抱きながらも作業をすすめます。
掘り起こした根の付いた小芋たちを取り外します。

今回は簡単な方法を見つけました


名付けて里芋ボム!
少々手荒ですが、余計な土も一緒にとれて一石二鳥。
後は飛び散った里芋を集めるだけです。

集めてみるとこんな具合です。
無肥料で放置していた割には小芋がたくさん付いています。

里芋の収穫

乾燥

天日で半日ほど乾燥させたら、
残った土を大まかに落とし調理用に家に持って帰ります。

里芋の収穫

残りの株は12月下旬までは土の中で寒さに耐えていてもらいます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク