【ボカシ/コーヒー粕】毎日出るコーヒーカスを家庭菜園で再利用!

溜まったコーヒー粕を畑に捨てに行きました。

私、大のコーヒー好きで毎日コーヒーを飲むのですが、
コーヒーを淹れるたびに抽出粕が出てくるんですよね。

【コーヒー/豆】安心の品質と美味しさ。澤井珈琲の炒りたて豆が届いた

昔は燃えるゴミとして捨ててしまっていたのですが、なんだか勿体無い気がして。
そこで飲み終わったコーヒ粕を集めているのです。

コーヒーのカスを肥料に


コーヒー粕とは

コーヒーのカスを肥料に

コーヒー粕はコーヒーを淹れた際に出るカスです。
ですよね。

湯で抽出されているので、これといってあまり栄養分はないんだと思います。

ただし、炒ったコーヒー豆はスカスカとした多孔質な物質。
そう、多孔質なので微生物が繁殖しやすい環境を作れるのですね。

ということなので、肥料というよりは土壌改良材的な役割で使えたらいいなと思っています。

使い方

コーヒーのカスを肥料に

今回は集めたコーヒー粕をコンポストの中にバッサーっと投入して混ぜまぜ。

一緒に米ぬかボカシを混ぜて、
コーヒー粕を住処に微生物がたくさん増えてくれることを期待して、待ちます。

【身近な菌を使ったボカシ作り】放置しすぎて長期熟成になってしまった米ヌカぼかしは使えるのかな?

ついでなので家で飲んでいるお茶や出汁のパックもいっしょに保管しておいたので
一緒に混ぜまぜしちゃっています。


自然農法ランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク