【アウトドア/おすすめマリングッズ】子供と海に行く際にあると便利な道具を準備してみる

週末に南房総の海へ2泊3日の旅行へ行くことになりました。
今回は私と娘(4歳)の2人旅。次女は6が月なので今回は妻とお家でお留守番です。
旅行の予定が決まってからというもの、娘は海でやりたいことを色々と考えてワクワクしている様子です。

図書館に行って海の生き物図鑑を借りてきたり、浴槽で素潜りの練習をしたり。
私もそんな様子を見ていると、こちらも楽しみになってきてしまいます。
思う存分に旅行を楽しませてあげたいですね。

早速旅支度の開始です。

海水浴の道具

海にもって行く道具

海水浴の道具

今回の旅行では「海水浴」「磯遊び」「堤防釣り」を楽しみたいと計画しています。
それぞれ楽しむために現地で必要となる道具の準備開始です。

《海水浴》
  • 帽子
  • サングラス
  • ラッシュガード
  • 水着
  • マリンシューズ
  • 浮き輪・空気入れ
  • バスタオル・クイックドライタオル
  • 日焼け止め
  • クイックエイド
  • ゴザ
  • ワンタッチテント
  • クーラーボックス
  • カゴ

帽子

とにかく暑い今年の夏。
暑さ対策はしっかりとしたいところです。
海遊びに夢中になり熱中症となってしまっては、せっかくの旅行も台無しですからね。
まずは一番日差しを浴びる頭首肩を守りましょう。

使用する状況によってハットの種類は様々あるのですが、今回は海で使うということを前提にチョイスしてみました。

ハットに期待する役割(海編)

  • 日よけ
    首や肩など露出部が多い海。
    上からの日差しに加え、首もしっかりガードしたいです。
    子供達は砂遊びや磯遊びに夢中で、長時間下を向いていることがあります。
    下を向いたときにハットの影から外れ、首や肩に直射日光を浴びてしまうことがあります。
    首の後ろに日よけが付いたタイプがあると安心です。
  • 砂よけ
    家に帰ったら耳の中が砂まみれ・・・。砂埃もガードしたいです。
  • 通気性
    日差しは防いだけれど、ムシムシ暑い・・・。通気性も欲しいです。
  • 撥水性
    突風で帽子が飛ばされエンドレス追いかけっこ、海にポチャ・・・あご紐付きが欲しいです。
  • 視認性
    あら!うちの子何処かしら・・・はぐれてもすぐに見つかる目立つカラーが良いかも。

サングラス

海面からの照り返しもあるのでできればサングラスもあるといいのかも。
それに可愛いですしね。

ちなみにメガネの私にはこれ。

メガネの上に付けられるクリップ式の偏光サングラス。
釣りにも使えますし、普段は車内に置いており日差しが眩しい時に使用しています。

メガネの上からかけられるサングラス(オーバーグラス

ラッシュガード

強い日差しから肌を防いでくれるラッシュガードは必需品となっています。

男がラッシュガードなんか・・・などと思っていた若い頃の気持ちは何処へやら。
日焼けすると痛いし、疲れますしね。
気になるお腹まわりも服でごまかせます。
それに何度も日焼け止めを全身に塗りなおすのは面倒くさいですよね。

ラッシュガードを着ていれば、手足や顔首周りだけ塗りなおせばOKです。
もう手放せません。

水着

海について、「あー!みずぎわすれた!」なんてことがないように、ちゃんと持っていきましょう。
特にこだわりはありませんが、私(男・30代)は10年ほど前に購入したコロンビアのハーフパンツ型の水着を使っています。

アウトドアブランドの水着は、海やプール以外で普段使いも出来るようなデザインのものが多いですね。せっかくの海だからとあまり派手なデザインだと普段使い出来なくなるかもしれませんので、次も程よいデザインを選びたいです。

マリンシューズ

子供用にマリンシューズがあると便利で安心です。
サンダルだと波にさらわれてしまったり、足場の不安定な磯で転倒などの怪我につながる恐れがあります。

我が家も娘用のマリンシューズは、滑らない柔らかめのソールのものを選んでいます。

また、大人も磯で遊ぶときにはソールゴムの柔らかい履物がおすすめです。
トレッキングシューズのようなソールの硬い靴は、磯に付いた海苔などでかなりすべり大変危険です。
私も一度トレッキングシューズで磯に行ったことがありましたが、全く歩けず靴を履き替えた覚えがあります。

私はマリンシューズは持っていないのですが、釣りで磯に行く際などはランニングシューズのようなクッション性のある柔らかいソールゴムの靴を履くようにしています。

浮き輪・空気入れ

問答無用に必需品ですね。
ちなみに私個人的には大き目の浮き輪にお尻をはめてプカプカトただ漂っているのが大好きです。
空気は海に着く前に事前に膨らませていきましょう。
汗だくになりながら空気を入れるのはしんどいですよ。

バスタオル・クイックドライタオル

大き目のバスタオルやクイックドライタオルを持て行きます。

日焼け止め

完全美白主義の妻に買ってもらっています。
鉄板の「アネッサ金」だそうです。
ウォータープルーフだから落とすのは大変だけど、焼けない。とのこと。

クイックエイド

ちょっとした怪我の対応に。
とげが刺さったときの毛抜きや、擦り傷・きり傷に絆創膏などがあると安心です。

クーラーボックス

すぐに飲まないペットボトルは事前に凍らせ持って行くと保冷材代わりにもなりますし、程よく解けた頃にはキンキンに冷えていて美味しいです。

また、100均などで売っている小型の保冷バックを内袋として使えば保冷力もアップしますし、ボックス内の整理にも役立ちます。

その他、小分け用ジップロックなどを準備しておけば、釣った魚の匂いも気にせず一緒に入れられます。

ゴザ

レジャーシートよりもしっかりとしているので多少の風には吹き飛ばされません。
また畳んでコンパクトに持ち運べるのもいいですね。
簡単に砂を落とせる撥水防水素材のものを選ぶといいと思います。

ワンタッチテント

手軽に日陰を作るなら、やはりワンタッチテントですね。
こちらもコンパクトに収納できるので持ち運びも楽チン。
パラソルやタープでもいいのですが、砂を防げるのはテントタイプ。
ペグを打つか、中に荷物を入れておけば風にも飛ばされません。

カゴ

上記の荷物をまとめるカゴ。
たくさん入るのでコストコorイケアのショッピングバックでも良かったのですが、今回は2人だけなので折りたたみ式のホールディングコンテナを持って行きたいと思います。

ちなみに私はnico andのフォールディングコンテナです。

その他、海の雰囲気を出すためにウォーターヒヤシンスのカゴバックなんかを持っていったらおしゃれ度抜群ですね。

《磯遊び・釣りもするなら》
  • 釣り道具一式
  • 魚とりアミ(大小)
  • 虫かご(観察用・水中覗き用)
  • 磯遊びの本

釣り道具一式

竿・仕掛け・水汲みバケツ・えさ

魚とりアミ(大小)

大きいものと小さいもの2種類あると便利。
小さな潮溜まりの隅にいる生き物は小さなアミが便利です。

虫かご(観察用・水中覗き用)

捕った生き物を入れてじっくり観察するのにあると便利。
また、水中を除く箱メガネ(スコープ)としても使えます。

こちらはスコープ。取手紐がついているのでバケツとしても使えます。

磯遊びの本

海で見つけた生き物をすぐに調べたいならコンパクトな図鑑をリュックに入れて持っていくと良いかもしれません。
濡れた手で触っても平気な水に強い図鑑が発売されているのでそれがおすすめ。
海辺の生きもの図鑑ー磯で観察しながら見られる水に強い本

まとめ

これで万全だとは思うんですが、まあ忘れ物をしていたらそれなりに楽しみます。
あとは、当日の天候と子供の体調にあわせて存分に楽しみたいと思います。

晴れろー!

広告







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告