【畑/トマト】『寝かせ植え』で丈夫に育ち収穫量がアップ!したらいいなぁ

昨年に続き今年のトマトも『寝かせ植え』で栽培します。

トマトの寝かせ植え

寝かせ植えとは?

通常の苗の植え付けはポットから出したら、そのままスポッと穴に垂直へ植付けをします。
寝かせ植えとは、響きのとおり苗を寝かせた状態で植付けをするのです。

しかしトマトは垂直に育つイメージをもっていたのですが、支柱に誘引しないと自立しないですし、よくよく考えてみると地這の植物なのだなぁと改めて思わされます。

日本のように湿度のある地域では、病気の発生を抑えるために、支柱に高く誘引し風通しを良くする必要があったのかもしれませんね。
それに収穫もしやすいですものね。

さて、そんな性質のトマトですが、実は地面に接している茎からは無数の根が出てきます
普通の栽培をしていても、大きくなった株の根元を見ると無数の根が後から出てきているのがわかると思います。

この茎の発根を効率よく利用し、肥料分や水分をより多く吸収することで、丈夫に育て収量を増やそうというのが『寝かせ植え』なのです。

寝かせ植えの方法

実際にトマトで寝かせ植えをやってみました。
※今年の植付け時の写真を撮り忘れてしまったので、昨年2016年の写真で解説します。

まずは苗の準備です。

トマトの寝かせ植え

苗は少し徒長してヒョロ~っとしていたほうが寝かせやすいです。

トマトの寝かせ植え

植え付けの朝に下の方の枝葉をかき取ります。
苗がまだ小さかったので一気に丸裸状態です。
これは少し取り過ぎかもしれません・・・。
一応順調には育ちましたが、もう少し苗が伸びてから下2〜3節ほどかき取れば十分かと思います。

トマトの寝かせ植え

かき取り前(左)かき取り後(右)

トマトの寝かせ植え

他の苗も同様に葉をかき取り、半日以上放置して傷口を乾かします。
病気の侵入を防ぐためだそうです。

トマトの寝かせ植え

横長の穴を掘り、そこへトマト苗を寝かせます。
ちなみにトマト苗の横からヒョロ〜っと出ているのはチャイブです。
ナス科の植物にはコンパニオンプランツとして一緒に植えています。

トマトの寝かせ植え

そのままだと、起き上がってきてしまうので、私は太めの針金や木の枝などを地面に刺し起き上がってこれないように押さえてしまいます。
トマトの力は意外と強く、結構深く刺さないと持ち上げられてしまいます。

あとは、緑の針金のあたりまで土を被せて完了です。
しばらくすると押さえ込まれた箇所からクネ~ッと茎が這い上がります。

トマトの寝かせ植え

こちらは2016年透明マルチの畝。
透明マルチの効果で地温が高く、敷き藁マルチよりも生育が良いです。

今年(2017年)の様子

こちらは2017年7月のイエローアイコの様子

寝かせ植えトマト2017

茎はしっかりと針金で抑えられています。

寝かせ植えトマト2017

くね〜っと曲がって上に向かって伸びています。

寝かせ植えトマト2017

わかりづらいですが・・・。
ちゃんと育っています。肥料分が少ない割には丈夫に鈴なりに実っています。

寝かせ植えトマト2017

こちらは中玉トマトの「フルティカ」。
熟してきました。

まとめ

2015年、2016年に続き今年も「寝かせ植え」でトマトを栽培しています。
どうやら今年も順調に育っている様子です。

「寝かせ植え」は根をたくさん張ってくれるため、あまり肥料分を与えていない私の畑に向いているのかなぁと感じています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク