【釣り/館山・千倉周辺】GW終盤・小サバが回遊しはじめた様子です

GW連休中は家族サービスに勤しみ、妻の機嫌をとっていた成果が出たようです。

最終日にご褒美DAYをいただけました〜!

そして偶然にも友人2人とも都合がついたので久々に本気釣りに出かけます。
今回は富浦~南房千倉の港を回ってみます。

※本気釣り=子供を連れて行かない釣りのことです。

日程

0:00 成田出発
2:30 現地着
〜 釣り
16:00 現地出発
※早く帰ってくるという約束で、出発時間を前倒しさせてもらいました。

釣り

久々に夜釣りの時間です。

館山到着後、富浦の磯を見に行きましたが、強風でこれは釣りにはなりません。
ということで、千倉方面に移動します。

南房ヒラメと小鯖

空が明るくなってきました。
色々と寄り道をしたため、もうすでに朝マズメの時間になっています。

マズメの機を逃すまいと投げウキ、ジグサビキをいそいそ投げてみますが、あたりは皆無。
周りを見渡しても同様の様子。

2時間ほど粘りましたが、これは釣れない!と見切りをつけ移動することにします。

どこかいいポイントはないもんじゃろうかと、海沿いをぶらぶらドライブ。
たどり着いたのは名も知れぬ小さな漁港。

例のごとくコマセを撒いてみますが...反応は皆無。

「もう今日はどこも釣れないね」
「うん、それに少し眠い」

とうことで、誰もいない漁港で休憩を兼ね糸を垂らし、皆諦めモードでうたた寝に入ります。

うとうとしていると・・・コツコツッ、あたりが!

南房ヒラメと小鯖

やっとかかったのは、ぐーふー

到着から数時間、しばらくして数組の釣り人が堤防にやって来ましたが、皆釣果は変わらず昼を待たずに移動されて行きました。

・・・ZZZ

「あれ?サビキに何かかかっていません?」

「イワシ?」

という仲間の声に竿を上げてみると、なんとも小さな鯖がかかっていました。
そして海面をよく見ると小鯖の群が入り込んで来ている様でした。

ここまで釣れていなかった事もあり、小鯖といえど釣れれば有難い気持ちです。

さあ、サビキに仕掛けを変えて皆で小鯖釣りです。
結果30匹ほどの小鯖をゲットです。

欲のでた私は、
「小鯖が入って来たから、捕食するシーバスや青物も入って来ているんじゃないのかしら?」という事で、ジグサビキも投げます。

・・・

全然音沙汰はありません。

が、一つ気がついたことがあります。

『ジグサビキを引いていると、どうも小鯖の群が付いてくるのです』

気のせいかと思いまた投げると、やはり付いてくるのです。

ジグを仲間だと思っているのでしょうか?
「美味しそうな餌を夢中で追いかけている姿」にでも見えるのではないかと、私は勝手に想像しています。

これを利用して、

小鯖の群れが離れる(コマセを撒いても湧いてこない)

ジグサビキを港内の少し遠目に投げる

小鯖が付いてくる

サビキを入れる&コマセで居付かせる

の一連で小鯖をコンスタントにゲットします。


せっかくなので泳がせ竿も用意しておきます。
生きの良い小鯖を泳がせつつ、引き続き小鯖も釣ります。

しばらく小鯖釣りを楽しんでいると、泳がせの竿の鈴が鳴りました。
慌てて様子を見にゆく友人。

あたりを合わせましたが途端に糸を切られました。
引きからはかなり大物がかかった様子でしたが、無念。

私の泳がせ竿も気になったので、餌の小鯖の様子をチェックしようと巻き上げてみましたが、どうやら根掛かりしてしまった様子です。

糸切れ覚悟で強引に糸を引いたところ、すぐに根掛かりは取れました。
海藻が付いた様な重みを感じながら巻き上げていると、
急に『ゴゴゴッツ』
アマゾンで買った格安サビキ用竿がしなります。

「え?根掛かり・・・じゃないの?」
『ゴゴゴッツ』
おおぉ、引く!そして休む。

なんだこれは?

と、そのまま強引にダダ巻きしていると、姿を表したのは

なんと、ウツボ
しかもかなりでかいです。そしてクネクネしていて少し気持ち悪い・・・。

うわぁ、なんだか大変なものを釣ってしまった〜感を抱きながらも、釣り上げるために海面に近い低い堤防へと寄せます・・・、

が「プツン」
糸を切られました。

ウツボの歯って鋭いですものね。仕方ない・・・でも何だろうか、若干の安堵感。

久々の強烈な引きに気持ちを高ぶらせ、興奮気味に引きの余韻に浸っていると、
今度は友人の竿の鈴が激しく鳴りました。
竿を見ると、海面に向かって大きくしなり、いまにも海中に持っていかれそうな様子!

慎重に巻き上げて海面に表した姿を見た一同は唖然。

巨大なヒラメではないですか。

タモを用意し慎重にすくいあげます。

70cmの巨大ヒラメです。

南房ヒラメと小鯖

小鯖がまさかの巨大ヒラメに化けました。

その後血抜き&保冷をし、友人宅でさばいた冊をお土産にもらい帰宅しました。

南房ヒラメと小鯖

南房ヒラメと小鯖

数日間はヒラメ料理を堪能できそうです。むふふ。
そして美味しい刺身にはおいしい地酒。

南房ヒラメと小鯖

↑こちらは「木戸泉酒造・しぼったまんま純米生酒」

近所のイオンMAXValuで購入しましたが、生酒なのでWEBでの取り扱い少ない様です。


もちろん小鯖も唐揚げで美味しくいただきます。

南房ヒラメと小鯖


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク