【鴨川/カフェ】豆腐も味噌汁も美味!素材がいきたMUJIカフェの里山プレートに感激

「MUJI みんなみの里」内に併設されている無印良品カフェ「cafe & meal MUJI」。
こちらで昼食をいただいたのですが、それがちょっと感動ものだったのです。
都内にある無印のカフェとはメニューの内容も少々違うようです。

鴨川で採れた地元食材を使用したメニューが多く、都内にある無印良品のカフェとは一風変わった取り揃え。

無印鴨川みんなみの里のMUJIカフェ

MUJIカフェの里山プレートに感激

無印鴨川みんなみの里のMUJIカフェ

今回私が注文したのは昼食メニューの「みんなみの里山プレート」。
1汁3菜にデザートが付いたメニューです。

この日の主菜は冷しゃぶですが、日によってメニューは少し違うそうです。
ちょっとボリュームは少なく見えますが、どれも美味しいのでよく味わって食べていると自然とお腹が膨れてきます。

濃厚な大豆の味。そして弾力がハンパない!

無印鴨川みんなみの里のMUJIカフェ

本当にどれを食べても美味しいのですが、その中でも特に美味しかったのが、「お豆腐」と「お味噌汁」。
お豆腐は無印手作りのお豆腐らしいのですが、その弾力と濃厚な味わいがたまらなく良いのです。簡単には箸が通らないほど弾力がありその食感が良いのと、口の中に広がる濃厚な大豆の味。「豆腐ってこんなに味が有るんだ!」と口内で革命が起こっていました。

鴨川の老舗・島田糀店のお味噌でいただくお味噌汁で昇天

もう一つ特に美味しかったのが、お味噌汁。こちらも濃厚で甘みのある味噌の味がひと啜りごとに革命を起こしてゆきます。

「ああ美味しい…。」と顔を上げると、目の前には鴨川の里山が広がっていて、なんとも幸せな気分に浸り、また味噌汁を啜り「ああ幸せ…。」
しばらくこの多幸感ループに包まれながら楽しい時間を過ごしておりました。

無印鴨川みんなみの里のMUJIカフェ

ちなみに、この日のお味噌汁に使っていたお味噌は直売所でも取り扱いがあるということなので、早速お土産に買って帰ることにしました。

地元鴨川にある老舗・島田糀店の天然醸造米糀味噌。保存料や添加物の入っていない昔からの手作り製法で丁寧に仕込まれた糀屋さんのお味噌は、やっぱり風味が違いますね。

まとめ

いやぁ、じつに幸せな時間でした。
お腹も気持ちも満たされました。

美味しいものも食べられて、素敵な物産とも出会える。
もう鴨川に行ったら寄らずに帰れないですね。

広告