【キャンプ】一番星ヴィレッジ・オートキャンプ場/市原

2017年のGWに千葉県市原市にある「一番星ヴィレッジ オートキャンプ場」へ行ってきました。

昨年も2回ほどお世話になっている馴染みのキャンプ場。
とにかく広くて開放的なんです。
広い敷地内には牧場やツリーハウスなど子供達が楽しめるスポットも満載。

今回のメンバーは友人家族など総勢15名、車5台の大所帯ですが、特に段取りも決めずに気楽にキャンプを楽しみます。

一番星ヴィレッジとは

一番星ヴィレッジ キャンプ場

東京から車で約70分、千葉県市原市郊外にある「一番星ヴィレッジ」は、東京ドーム約13個分という広さを誇る自然豊かなキャンプ場です。

普段は酪農用の牧草を栽培している敷地を夏季限定でオートキャンプ場として開放しています。また、同じ敷地内には牛や羊などの家畜などもいてとても牧歌的。

都心を中心に各所で野外イベントを開催している「太陽と星空のサーカス」が完全プロデュースする期間限定のキャンプ場がここ「一番星ヴィレッジ」です。
「太陽と星空のサーカス」がプロデュースするだけあり、子供も大人も一緒に楽しめる素敵な空間になっています。


一番星ヴィレッジ 市原オートキャンプ場
〒290-0175 千葉県市原市葉木176-1

千葉県市原の星の集まるキャンプ場、2021.3.20 open - 11.28 close 2.18より予約受付開始

施設

トイレ

トイレは仮説式が数箇所に設置されています。
敷地が広大なため設営場所によっては少々遠く感じることもあるかもしれません。
もともと牧草地だと思えば仕方がありませんね。

ツリーハウス

シンボル的な存在のツリーハウス。
子供達に一番の人気スポット。
大人も上って入れますが、少々天井が低いかも。

受付

この日はGW初日ということもあり、かなり沢山のキャンパーが来ていました。
入場はキャンプ場に続く林道で30分ほど待ちぼうけ。

売店

一般的なキャンプ場で貸し出し販売している物品は大体そろっています。
あとはキウイやイチゴなど色んなシロップが瓶に入って置いてあり、売店のお姉さんがカクテルを作ってるのはうれしいですね。

ゴミ処理

基本的にゴミは持ち帰りのスタイルです。
料金を支払えば処理もしてくれます。

食材買出し

キャンプ場近郊は森のため何もありません。
私達は高速を降りキャンプ場へ向かう途中のおゆみ野駅付近のスーパー「ジャパンミートおゆみ野店」で買出しを済ませました。

一番星ヴィレッジ キャンプ場

↑GWの混雑具合はこんな感じです…。
結構な人数ですが敷地が広大なため思っているほど窮屈な感じはしませんでした。

一番星ヴィレッジ キャンプ場

↑こちらは2016年7月の土日の様子。
空いていますね。

まとめ

やはり連休中はどこでもそうですが、大変込んでいます。
連休以外の休日はわりとすいているようなので、おすすめです。
思っている以上に広い敷地にびっくりすると思いますよ。

【キャンプ飯/燻製】キャプテンスタッグのスモーカーを使って味玉とホタテを燻製にしてみました!
初めての燻製作りにチャレンジしてみました。 使用したのは、キャプテンスタッ...
広告







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告