【自転車/修理】あさひオリジナル「Vブレーキシュー」に取り替えてみました!

タイヤ交換のついでに磨り減ったブレーキシュー(ブレーキパッド)も交換しました。

交換したのは自転車屋「あさひ」のVブレーキシュー。

硬さの違うラバーを使用しているので制動力が良いそうです。

さて、向きや角度に気をつけて交換していきましょう。

あさひのブレーキシューの取り替え方

あさひオリジナル Vブレーキシュー

あさひのブレーキシューの取り替え方

あさひ[ASAHI] Vブレーキシュー 959V

今回交換したのは、自転車屋あさひがオリジナルで販売するVブレーキシュー。

2種類の異なるラバーを使用して意図的にブレーキングにタイムラグをつくることで、制動力を高め、さらにタイヤロックを防ぐブレーキシューなのだとか。

急ブレーキ時にタイヤロックが起こりにくいというのは心強い。

ブレキシューを交換

あさひのブレーキシューの取り替え方

さて交換します。
年代物のクロスバイクゆえ、少々汚い車体ですがご勘弁を。

まずは左右のブレーキパッドを固定しているキャリパーのワイヤーを外します。
こうすることでブレーキパッドの交換がしやすくなります。

あさひのブレーキシューの取り替え方

続いて、パッドの交換。
六角レンチでナットを緩め取り外します。
取り付け時に迷わないように、ワッシャやシューの順番を覚えておきます。

あさひのブレーキシューの取り替え方

新しいパッドを装着。

ワッシャやシューの順番を間違えないように、またブレーキシューには取り付け方向があるので、それぞれ間違えないように注意して装着します。
今回のVブレーキシューには「L」「R」の表記があったのでわかりやすかったです。

あさひのブレーキシューの取り替え方

後の調整がしやすいように、このときは仮締め程度に。
仮止めができたら、ブレーキキャリパーのワイヤーを元に戻しておきます。

あさひのブレーキシューの取り替え方

実際にブレーキを握り、リム(タイヤがはまっているホイル部分)をしっかりとロックできているか確認します。
しっかりと当たっていないようならば、ブレーキシューの向きを調整します。

リムとの距離は、回転方向の先側を狭く(1.5mm程)後ろを広く(2.0mm程)に微調整するとブレーキの制動力も良く消耗も抑えられるそうです。
そんな微調整は難しいという方は「ブレーキシューチューナー」という専用の道具が市販されているのでこちらが便利です。

角度や方向の調整ができたら、ブレーキパッドが動かないよう注意しながらナットをきつく固定(本締め)します。

実際に走行した状態でブレーキが効いているか確認できたら完成。

まとめ

実際にブレーキをかけてみましたが、これかなりいい感じに止まります。

ブレーキの効きも見違えるほど良くなりましたし、かといって効きすぎてロックするほどでもない。いいですコレ。

広告







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告