【釣り/鹿島】5月・まるで夏の海。青物も回遊しているみたいですよ。

気温も上がり、枝々に新緑が芽吹き、大地からは発芽した芽が続々と姿を現すこの季節。
私はというと、釣り欲がムズムズと湧いてきてしまい、ちょっと早起きして久々に鹿島港へ足を運んでみることにしました。

計画性のない気の向くままに出かけた釣りでしたので、餌の用意も不十分。
とりあえず冷凍庫に残っていたサヨリ用のオキアミルアーを持って出かけてみたのです。

そんなわけで大した釣果はありませんでしたが、久々に浴びる朝日と潮風は気持ちのよいものでしたよ。

鹿島港_オハグロベラ_釣り

日程 2019年5月26日 小潮

仕掛け

鹿島港_オハグロベラ_釣り

急遽思い立ての釣りだったため、餌の準備が不十分です。
今回はルアーをメインでおまけに餌釣りでもしようかというスタンスで行きます。

という訳で、本日はウキにオキアミをつけただけのシンプル仕掛けと、ルアー竿の2本だけです。

ルアーはDUO Beach Walker Axcion(ビーチウォーカーアクシオン)。
95mmのボディで自重30g。いわゆるヘビーミノーです。普通のミノーでは届かない場所までよく飛びます。その分よく沈みますが、アクション次第で幅広くレンジを狙えるので慣れれば結構使えるかもしれません。
もともとサーフからのヒラメや青物狙いをコンセプトに作られているので、風やうねりなど悪天候時にも対応できるポテンシャルはあるみたいなので、一つ持っていると心強いルアー。

釣り

鹿島港_オハグロベラ_釣り

さて釣り開始。今回は鹿島港の岸壁での釣りです。

冷凍庫に眠っていた、小さなサヨリ用オキアミを付けてウキ釣りを投入。
そしてそのお隣でシュッシュとルアーを投げます。

鹿島港_オハグロベラ_釣り

少し日差しの強くなった朝日と、湿り気を増した潮風を浴びながらルアーを投げていると、すぐに汗が吹き出してきました。
先週は残雪を踏みながら北アルプスを登っていたはずなのに、「私ココまで来ていますよ!」と沖の方から夏に声をかけられているような雰囲気すら感じます。

海の中も夏に向けて回遊魚が回って来始めていると良いのですが。
この日はその期待に答えることはなく、良いキャスティング練習で終わりとなりました。

釣果

鹿島港_オハグロベラ_釣り

オハグロベラ…1匹

餌回収に引き上げた竿に、たまたまオハグロベラがかかっていました。
個人的には初めて釣った魚種なのでちょっと嬉しい。

先週見た日テレの鉄腕DASHで「美味しい!」とベラの特集をしていたので、持ち帰って食べてみたかったのですが、本日の釣りは家族に内緒であったため次回へ持ち越しリリースです。

まとめ

鹿島港_オハグロベラ_釣り

久々の海は良いですね。
そしてすっかり海は夏モード。

鹿島港の海ってこんなに綺麗だったっけ?
というほど、青く澄んでいて、魚が居そうな雰囲気がバンバンしていました。
まあ、私の釣果はイマイチでしたが、SNSの情報を見る限りでは青物はもうすでに回遊しているみたいですよ。

それから、以前紹介した「公共埠頭」という場所ですが、「釣り禁止の」看板が立ちどうやら現在は釣りができないみたいです。

遠目に見る限りでは車が数台止まっているようにも見えたので、釣りができる場所もあるのかもしれませんが…。
私も実際に現場を見に行けていないので、どのエリアが入れないのかはわかりませんが、釣りをされる場合には現地の情報と関係機関から提示される情報を参考に釣りを楽しんでください。

鹿島港で釣りをされる方に向け、関係機関からの情報がありますので参考にしてください。

第三管区保安本部 釣りの落とし穴マップ(鹿島港周辺)

鹿島湾岸事務所 釣りをされる方へ

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


千葉釣行記ランキング

広告







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告