【釣り/鹿島】9月・公共埠頭は広くて水深があって釣りがしやすい!

仕事終わりに時間がとれたので、夕方に鹿島港へ足を運んでみました。

今回は釣りというよりは釣り場の探索が目的。
気楽に港の周辺をブラブラとドライブしていたのですが、
鹿島港って結構良い釣り場がたくさんあるのですね!

鹿島港の釣り場探索_公共埠頭やヘッドランド

日程

2018年9月18日 小潮

16:30 鹿島
18:00 釣り終了

釣り

ヘッドランド

鹿島港の釣り場探索_公共埠頭やヘッドランド

鹿島港の南側、日川浜海水浴場から東京電力火力発電所の前にかけて点在するヘッドランドと呼ばれるところを見てみました。

突き出た短い堤防で周りを波消し用のテトラブロックで囲まれています。
沖に向けてキャストしたら回遊魚などが釣れそうな雰囲気ですね。
テトラ側も結構水深がありそうなので、エサ釣りでも色々な魚が狙えそう。
しかし波風の強い時はちょっと怖そうな雰囲気です。この日はそれ程ではありませんでしたが、波が強い日はバシャ〜としぶきを浴びそうです。
波にさらわれたら離岸流に乗って沖まで流されてしまいますねきっと。

釣りしてみたいけど、ちょっと危険そうですね。

中央公共埠頭

鹿島港の釣り場探索_公共埠頭やヘッドランド

鹿島港南側に位置する中央公共埠頭という所に来てみました。

最大2万トン級の大きな船舶を係留できる荷捌き施設らしく、船のない時には岸壁に車を横着けして釣りができるなんとも素晴らしい場所です。
大きな船が係留できるというだけあり、足元の水深も深く6〜7m程はあります。

近くでタコ釣りをしていた地元のおじさんの話ではサビキでアジなどの回遊魚が釣れ、それを泳がせイナダなどの大物回遊魚も釣れるとの話。

夕飯までには帰宅しなくてはならなかったので短い時間ではありますが、ここで竿を垂らしてみることにしました。

オキアミを付けたカゴ仕掛けを結構深めの棚で飛ばしてみます。
そしてアタリが出るまで隣でジグをシュッシュと投げます。

鹿島港の釣り場探索_公共埠頭やヘッドランド

長い煙突や大きなプラントを目の前に竿が出せ、
いかにも鹿島港で釣りをしているといった雰囲気を味わえる釣り場です。

鹿島港はプラント萌えのカメラマンにとっても人気がある場所なのだそうです。
釣り人以外にも三脚カメラを構えたカメラマンの姿もちらほら。
日が落ちるとプラントが照明に浮かび何とも幻想的な雰囲気に浸れます。

本日の釣果

鹿島港の釣り場探索_公共埠頭やヘッドランド

  • ヒラメ…1(20cmくらい)
  • 小サバ…1

公共中央埠頭にて、深棚に設定したオキアミにかかった赤ちゃんヒラメ。
もう少し大きくなって来てくださいねとリリースです。

まとめ

常日頃から色々と釣り場を探索したいとは思っているのですが、いざ釣り場に着くと釣りに夢中になってしまいそんな余裕がないのです。

今日は釣り場探索と割り切っていても、つい竿を出してしまいます。

しかしグッとこらえて足を伸ばしてみると意外なところに良い釣り場が見つかることもあるみたいです。

今回竿は出しませんでしたが、ヘッドランドなどは釣り人も少なく狙える魚種も多そうなので、釣りをしたら面白そうな所だなぁとは思いました。
テトラ側で思わぬ大物が釣れそうな気がするのですよね…(妄

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


千葉釣行記ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク