【茨城・博物館】動くティラノが見たい!今度は家族で茨城自然博物館へ行ってきました

長女の恐竜熱はまだ冷めていないようでした。

「動く恐竜の展示がある」という情報を得た長女がどうしても見たいと言うので、3連休初日に茨城県にある「茨城自然博物館」へ出かけることになりました。

茨城自然博物館に恐竜

茨城自然博物館とは

茨城自然博物館は「宇宙の進化~地球の生いたち~自然と生命の不思議な営み」を展示する日本を代表する自然史系博物館です。

千葉県との県境に立地し、東京都や埼玉県からも近いのが良いですね。
私の住む成田からは利根川沿いをさかのぼり1時間ちょっとで到着します。

博物館は広大な自然公園に囲まれており、野外施設では自然とのふれあいを通じて人と自然との関わりや共生の大切さを感じることができる素敵な空間になっています。
野外施設にはトランポリンのある「夢の広場」や「水の広場」、化石探しのできる「古代の広場」などもあり、天気の良い日にはいろいろな遊びができそうです。

さらに2016年に「動く恐竜コーナー」のリニューアルがあり、展示がパワーアップしています。

建物・設備は古いですが、野外の木道や水族館施設の更新、屋外公園の再整備なども進めているそうです。ちなみに館内のトイレはまだ一部和式が残っていましたが、随時洋式に改善中なんだそうです。

開館時間
9:00〜17:00(入館は16:30まで)

開館日
休館日は毎週月曜日(月曜日が休日にあたるときは開館し、その翌日が休館)

アクセス

【所在地】

〒306-0622 茨城県坂東市大崎700
TEL:0297(38)2000
FAX:0297(38)1999

車を利用する場合

常磐自動車道谷和原ICから 20分
首都圏中央連絡自動車道坂東ICから 25分
※ 自然博物館の無料駐車場(バス駐車場を含む)には約1,000台の乗用車が駐車可能。

鉄道・バスを利用する場合

※バスは1日に3~4本程度しか運行していないようなので帰りの時間はしっかり調べておいてください

つくばエクスプレス守谷駅西口1番ホームから関東鉄道バス「岩井行き」乗車 約20分
→「自然博物館入り口」下車 徒歩5分

東武アーバンパークライン愛宕駅から茨城急行バス「岩井車庫行き」乗車約15分
→「自然博物館入り口」下車 徒歩約10分

料金

通常期(企画展が開催されていないとき)

本館・野外施設
大人530円(430円)
高校・大学生330円(210円)
小・中学生100円(50円)

野外施設のみ
大人210円(100円)
高校・大学生100円(50円)
小・中学生50円(30円)

企画展開催期

企画展の開催期間についてはこちらをご覧下さい。

本館・野外施設
大人740円(600円)
高校・大学生450円(310円)
小・中学生140円(70円)

野外施設のみ
大人210円(100円)
高校・大学生100円(50円)
小・中学生50円(30円)

いざ入館!

茨城自然博物館に恐竜

さっそく出迎えてくれたのはマンモス!

おっきいですね〜。

茨城自然博物館に恐竜

さあ、地球の生いたちゾーンへ進みます。

茨城自然博物館に恐竜

その先あったのは、恐竜!

しかも動いている!!

動く恐竜


そう本日のお目当はこれ、動く恐竜!!

動くと言っても、大したことないのかな…と思っていたのですが、これがかなりの迫力。
動きもリアルで、恐竜好きの長女も本気でビビっています。

「きゃーこっち見てる!食べられる〜!!」

逃げ惑う長女。

相当気に入ったようで、この後2回見にいきました。

水槽展示

茨城自然博物館に恐竜

生き物の展示では、利根川〜海までの水域別の水槽が螺旋状に展示されており見事でした。

個人的には海の水槽で泳ぐアジやブリに釘付けではありましたが…。

茨城自然博物館に恐竜

へぇ〜シイラはオスとメスとで姿がこんなに違うんだ〜釣りたいなぁ…。

茨城自然博物館に恐竜

あ、カツオがイワシの群れを捕食している!
こうやってナブラが起きているのか〜…。

などとお魚にうつつを抜かしている間に妻と娘たちに置いていかれてしまいました。

茨城自然博物館に恐竜

こちらは体験コーナー。
それぞれの目の作りを疑似体験できるという仕掛け。

茨城自然博物館に恐竜

私はもちろん魚の眼。

企画展

昆虫大研究プロジェクト あなたも研究者 みんながつくる昆虫展

第69回 2017年7月8日(土) ~ 2017年9月18日(月)

茨城自然博物館に恐竜

サメ展 ミュージアムパーク・コレクション

第70回 2017年10月7日 ~ 2018年1月28日

茨城自然博物館に恐竜

まとめ

休日だというのに空いていて、のびのびと展示が見られるのが良かったです。

また、吹き抜けや大きな窓があるため明るく、開放感がありとてもリラックスできる空間のように感じました。

今回は屋外の自然公園までは足を運べませんでしたが、何やら楽しいスポットがまだまだたくさん潜在している素敵な博物館でした。

また遊びに来たいと思います。





スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク