【虫除けスプレー/作り方】子供や肌の弱い人にも。低刺激で安全な虫除けスプレーの作り方

すっかり暖かくなってきたこの時期、キャンプやBBQなど屋外で過ごすことも多くなってきました。そして楽しいアウトドアに付き物なのが「虫刺され」。

最近は様々な虫除けスプレーが市販されていますが、ちょっと私には刺激が強くて・・・。

今回はそんな肌の弱い人にも使える、低刺激で安全な「シトロネラの虫除けスプレー」を作ってみたいと思います。

市販の虫除けスプレーは刺激が...

実は我が家はみんな肌がデリケート。

妻と長女は蚊に刺されると異常に腫上がってしまいますし、次女はまだ生後数ヶ月の赤ちゃんなので、お肌が敏感な年頃。
虫刺されはとっても気にしています。

市販の虫除けスプレーも過去に試しているのですが、虫に対する効果はとてもあるのですが、刺激が強すぎて肌荒れが出てしまうのです。
私も肌がヒリヒリ、鼻にツーン。あまり好きでないのです。

また小さな子供がいるので、市販のスプレーに含まれている「ディート」という化合物も気になるところ。

ディートとは
忌避剤(虫よけ剤)として用いられる化合物。
長期使用による副作用が有るやら無いやらと言ったもの。
虫除けの効果が非常にあり、多くの市販のスプレーに使われています。
日本は海外と比べるとディートの使用量が法律によって少なめに規制されているので、安全な方ではあるとは思います・・・。

〈詳しくは→Wikipediaで〉

そんなことから、妻が作る様になったのが「精油(アロマオイル)を使った虫除けスプレー」です。
特に「シトロネラ」を使ったスプレーをよく使っています。

「シトロネラ」は蚊を中心にした虫除けに効果があります。

自作すれば安上がりなので、部屋や網戸に贅沢にスプレーしたり。
また、いい香りなので枕にシュッとして気持ちよく寝たり。

シトロネラの虫除けスプレー

そのほか、用途や気分で

  • ヒバ
  • シトロネラミックス(シトロネラ・レモングラス・ラベンダー)
  • スイートオレンジ
  • ティートリー
  • ユーカリ

なども使っています。

ちなみに、
「ヒバ」は昆虫ゴキブリに効果があるそうです。
「シトロネラミックス」「ティートリー」「ユーカリ」はそれぞれブヨ対策ですが匂いの好みで使い分けをしています。
「スイートオレンジ」は、妻がツワリ軽減のために使っていたものです。

また、「ハッカ油」も効果があるのですが、子供にはスースーして刺激が強いというので我が家ではチョイスから外れてしまいました。

シトロネラの虫除けスプレーの作り方

シトロネラの虫除けスプレー

  • 精油(シトロネラオイル) 10滴
  • 無水エタノール 5ml
  • 精製水 45ml
  • スプレー容器
  • 注射器orスポイト
  1. 上記の原料・容器を用意します。
    エタノールで容器が溶ける恐れがありますので、ポリスチレン(PS)素材は避けます。
    また、精油は紫外線により劣化が進むので、容器は遮光性の高い濃いめの色を選びます。
  2. 無水エタノール(5ml)を入れた容器にシトロネラオイル(10滴)を滴らし軽く振って混合します。必ず精製水を入れる前に混合してください(水とオイルは混ざりにくいです)
  3. そこに精製水(45ml)を投入し、蓋をして振りよく混ぜたら完成です!

オイルやエタノールを使用しているので、一応パッチテスト(目立たない箇所に少量を吹きかけ1日様子を見ます)をしてから使用をしてください。

またしっかりと効果を得るためにも、2週間ほどで使い切ることをオススメします。

まとめ

今回はシトロネラを使ってスプレーを作りましたが、香りの好みや効能で精油を使い分けても良いかと思います。

手作りの虫除けスプレーは、低刺激のため誰でも、どこにでも気兼ねなく使えるのがいいところですね。

暑い時期には露出部も多くなるので、低刺激なスプレーなら気兼ねなく肌に直接吹きかけられるので安心です。


また、作るのが面倒な人でも、最近は低刺激で自然由来の虫除けスプレーが多く出ていますので、そちらを利用するのも手ですね。

累計200万本突破!
PERFECT POTION アウトドア ボディスプレー エクストラ


アロマオイル(シトロネラ)


書籍

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク