【ジャガイモ】「逆さ植え」で無肥料ジャガイモを育てる

さて、今年こそはたくさん収穫したいところです。
ジャガイモがベランダで芽を出しまくってしまったのでいい加減畑に植えてあげます。

品種

ジャガイモ 種芋
お義母さんから頂いた「メイクイーン」(左上)と実家で余った「きたあかり」(右上)
昨年収穫した「アンデス赤」(左下)と「北海97」(右下)
「北海97」と「アンデス赤」は小さいですね。昨年は水はけの悪い場所に植えてしまったこともあり、収穫量はさほどありませんでした。
今年はもうすこし大きく育つと嬉しいのですが。

植付け時期

2017年2月25日(土) 新月 曇り 11℃

植付け方

ジャガイモ 植え付け
切らずにそのまま
種芋は沢山あるので今年は切らずに丸々1個をそのまま植えます。カットをしないため種芋が腐る心配も減り発芽率も上がると思っています。
30cm間隔
間隔は30cm「長靴一つ分」で植えます。面倒臭がりの私は「鍬一つ分」で測っています。
 乾燥気味に
ジャガイモは元々アンデスの乾燥した土地の作物です。湿度には弱いので植え付ける場所にも注意が必要です。昨年は水はけの悪い箇所に畝を作ってしまったのが収穫量に影響したのかと思います。今年は水のたまらない乾燥した場所を選びました。
逆さ植え
ジャガイモ 植え付け
植え付けは種芋を植える箇所だけ穴を掘り芽が下に向くように植えています。
いわゆる「逆さ植え」というもので、丈夫な芽だけが出て来るそうです。

今後の管理

芽かき

20㎝ほど芽が伸びてきたら丈夫そうな芽を2〜3本残し後は掻き取ります。肥料を与えないので、あまり多く芽かきをせず少し多めに残しています。その分収穫量は減るようですが、丈夫に育ってくれることを期待しています。

土寄せ

雑草などが土を覆ってくれている場合は土寄せはあまり行わない予定です。ただし露出したジャガイモは青く変色しますので様子を見て判断をします。

まとめ

「逆さ植え」と「水はけ対策」の効果はどれほど出るのか、今年の出来を期待です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク